東京ディズニーリゾートについて


TDRは、2つのディズニーパークとディズニー関連ホテルを核にショッピング施設などから構成される。経営・管理・運営はオフィシャルホテルを除き株式会社オリエンタルランド (OLC) および同社の関連会社で構成される「OLCグループ」が行っている。世界のディズニーリゾートでは唯一ライセンス契約による経営・運営であり、経営・運営会社にディズニーの資本が全く入っていない。なおディズニー関連の著作権や商標権ビジネスはウォルト・ディズニー・ジャパンが担当しており、オリエンタルランドは東京ディズニーリゾートの経営・運営のみ担当している。

従業員のことを「キャスト」、利用客のことを「ゲスト」と通称するなど、ディズニーのテーマリゾートの手法に倣った展開をしている。

アメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーは来場者の長期滞在を計る目的として、ディズニーパーク単体の運営から、ディズニーによる特定のコンセプトに沿った複数のディズニーパークとホテルなどから成る長期滞在型の「テーマリゾート」への展開を進めている。

1971年にオープンしたウォルト・ディズニー・ワールド(現在のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)は当初からディズニーパークとホテル(リゾート)の複合体であり、その後の同様の複合施設、ユーロ・ディズニー・リゾート(現在のディズニーランド・リゾート・パリ)などの展開の基礎になった。その後、パーク単体だったディズニーランド(アメリカ・カリフォルニア)と東京ディズニーランドもそれぞれ第二パークとホテルを増設し名称もそれぞれディズニーランド・リゾート、東京ディズニーリゾート、そしてディズニーパークとホテルを同時に開業した香港ディズニーランド・リゾートとなり現在にいたる。

上記のように、現在世界5ヶ所のディズニーパークすべてがそれを核に「テーマリゾート」化されている。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

看護師の静脈注射は、違法ではないとされている

■看護師による静脈注射のルールが変わった

医師の処方箋をもとに、看護師によって行われるようになった静脈注射です。平成14 年に厚生労働省が「看護師等による静脈注射の実施について」と言う通知を発表し、 静脈注射は看護師の業務範囲外であるとしてきた見解を、改めました。それ以前は、 現場で医師の指示のもと看護師が当たり前に静脈注射を行っていたのにもかかわら ず、公式には看護師の業務範囲外とされていたのです。

■静脈注射を行う看護現場の様子

看護師及び准看護師の行う静脈注射が、業務の範囲となった通知を受けて、現場では 看護師の静脈注射が、堂々と行われるようになりました。

■看護学校で行われる、静脈注射の練習風景

静脈注射が正式に看護師の仕事になった現状を受け、看護学校でも実習に静脈注射が 取り入れられるようになりました。学校内では、学生同士がお互いに注射を打ち合い ます。または教員が練習台となって注射を打たせる学校も増えています。

■しっかり実習で静脈注射を学び、現場に飛びだそう

静脈注射は医療機関で目にする機会が多いです。 処方箋を元に患者を確認し、患者に声を掛けます。患者の利き腕でない側の腕をだし てもらい、適当と思われる静脈を探して、ひじ枕で腕を安定させます。駆血帯を注射 する部位の5cm上にしばり、アルコール面で消毒して針を刺します。 看護系の募集を見つけるのを前提にがんばっている学生の皆さんは、何度も練習して下さい。

看護師を辞める前に・・・

4月になると新卒の看護師を中心に、看護師を辞めたいと考える方が増加するようです。もちろん、最初は慣れないので業務内容についていけずにそのように感じてしまうようですが。それでもせっかく取得した資格を無駄にしてしまうのはもったいないです。そんな時は。こちらのサイトを参考にしてみて下さい。

おすすめのペット保険は?

2009年12月31日まで、ペット保険加入プレゼントキャンペーン実施中!おすすめのペット保険ならココ!大切なペットと暮らす上で、健康管理やしつけに関する心配事はありませんか?ペット保険のすべてのご契約者様・被保険者様(飼い主様)に専用の相談サービスをご用意しています。

デトックスとは

デトックスとは、体内の毒素を取り除くことによって体内を浄化するという意味です。従来の健康法は、運動することや体に良い栄養が含まれた食品を取り入れることが重視されていました。

加齢による髪の色の変化

年を取るにつれて人間の毛髪は自然に変色していき、通常は生まれつきの色から灰色へ、そして白色に変化していく。40パーセント以上のアメリカ人は、40歳の誕生日を迎える頃には多くの白髪を持つようになる。

冷え性の概要

西洋医学では冷え性は病気として扱われず、単に身体の自覚症状(不定愁訴)に過ぎないと考えられている。しかしながら、特に女性でこの症状に悩む者は多く男性にはほとんど見られない。一般的な特徴として、からだ全体は寒さを感じないが、四肢など部分的に冷えを感じることが多い。原因としてはホルモンの変動と、それにともなう自律神経のバランスの乱れが考えられる。周期的なホルモンの変動の多い女性に多いのはこのためと考えられている。